賃貸管理なら秋葉原のアップスタイルへ

東京都千代田区外神田5丁目4番9号 ハニー外神田第二ビル5階

防災関連情報 ハザードマップ!?

公開日:

カテゴリー: プロパティマネジメント事業部 ブログ


ハザードマップとは?
ハザードマップとは各種自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図上に示したものです。

 


必ずチェックしておきたい地震防災・危険度マップ情報
いつ発生するか分からない巨大地震に備えて、地震発生時の揺れやすさや地域の危険度に関する情報を入手して、日ごろから備えておくことが欠かせません。各市区町村の「地震防災・危険度マップ情報」を必ずチェックするようにしましょう。

 


洪水ハザードマップでは河川周辺の水害に注意
河川周辺は他の地域よりも水害が発生しやすいので、各市区町村が市街地内にある河川周辺地の被害想定を行っています。
河川に近い場所、河川から遠くても周囲より低い土地では、水害を受ける可能性がありますので、自分が住みたい地域の危険性を知るために、洪水ハザードマップを見ておくとよいでしょう。ただし、治水工事などの水害対策は年々進んでおり、地域によっては水害の危険性が低くなることもあります。

 


市街地でも内水ハザードマップをチェック
堤防の内側の市街地でも、大雨によって排水路、下水道などから水が溢れる水害(内水による浸水)が生じることがあります。内水による浸水が発生しやすい地域や想定される浸水の程度などを内水ハザードマップで確認しておきましょう。

 


海辺近くに住んでいる場合は高潮、津波などのハザードマップをチェック
洪水だけでなく、高潮、津波などについてのハザードマップを作成している市区町村一覧も見ることができます。高潮、津波は海辺で地震その他の災害に伴って起きるものですから、海辺の近くでは、高潮、津波などについてのチェックが必要ということになります。

 


傾斜地やガケ周辺では土砂崩れ、火山周辺では火山災害ハザードマップをチェック
傾斜地やガケ周辺では土砂災害、火山周辺では火山災害ハザードマップを確認しておくとよいでしょう。火山の危険度について知るとともに、活動状況に関するニュースなどにも注意を払っておく必要があるでしょう。

 


ハザードマップでは避難所などの情報も併せて確認を
ハザードマップには、災害に関する自治体からの警告や注意などの情報発信の方法、避難場所や災害に備えて用意すべきものなどの情報も掲載されています。近くの避難所がどこか、警告が発せられたときにはどのように対処すればよいかなど、危険を回避する方法についても確認をしておきましょう。

 

 

設備トラブル等でお困りの物件オーナー様
お気軽にお問合せ下さい。

より良い解決方法のご提案をさせて頂きます!!

 

アップスタイルでは不動産の購入・売却・賃借等大切な不動産の
お取引をお手伝いさせて頂きます。

お一人お一人にあった取引の形をご提案
まずはお気軽にご相談下さい