賃貸管理なら秋葉原のアップスタイルへ

東京都千代田区外神田5丁目4番9号 ハニー外神田第二ビル5階

不動産を貸すときに知っておきたい事!?

公開日:

カテゴリー: プロパティマネジメント事業部 ブログ


不動産を貸すときに知っておきたい事!?           

 

 

これから住まいを賃貸に出す場合、不動産会社に何を依頼するかを決めるため、まずは不動産会社の役割を理解する必要があります。

 

 不動産会社の業務内容を知る

入居者募集の段階では、「仲介会社」として、入居後は「賃貸管理会社」として付き合う事となります。
サブリースを希望する場合は貸主・借主という立場で関わることもあります。
住まいを貸すに当たって、まずはどうの様な形態にしたいかによって、不動産会社の関わり方が変わってきますので、しっかりと理解しておく事が重要です。


 仲介業務
入居者の募集活動全般をサポートします。
入居希望者の募集、賃貸借契約条件の交渉、賃貸借契約の締結、入居手続きのサポートなどを行います。自ら入居者の募集ができない場合は、不動産会社に仲介業務を依頼することとなります。


 賃貸管理業務
貸主との管理委託契約に基づいて、管理業務を行います。
管理業務には、入居者の管理(賃料の収納、苦情等への対応など)と建物の管理(建物の維持や清掃など)とがあり、自ら入居後の管理ができない場合は、業務を委託することとなります。


 サブリース
物件を一括して借りた不動産会社が、入居者を募集して転貸(第三者に貸し出す)とともに一定の建物管理も行うというものです。この形態の場合、不動産会社は転借人の有無にかかわらず貸主に賃料を支払います。
貸主は、安定的な賃料収入を期待することができますが、支払われる賃料は一般的に相場賃料の○○パーセントという設定になり通常賃料よりも低くなります。

 


※公益社団法人全日本不動産協会

 

 

アップスタイルでは不動産の購入・売却・賃借等大切な不動産の
お取引をお手伝いさせて頂きます。

お一人お一人にあった取引の形をご提案 
まずはお気軽にご相談下さい