賃貸管理なら秋葉原のアップスタイルへ

東京都千代田区外神田5丁目4番9号 ハニー外神田第二ビル5階

賃貸住宅に必要な保険?

公開日:

カテゴリー: プロパティマネジメント事業部 ブログ


 

賃貸住宅に入居する場合、保険加入は必要なのでしょうか?

賃貸住宅に入居する際にどのような保険に入るべきかを知ることはとても大切です。

賃貸住宅の入居者は、借りている物件を返す際に原状回復する義務があります。そのため、家主さんから借りている建物に損害を与えてしまったときには、元どおりにしなければなりません。建物の一部が燃えてしまったり、火災による煙や消火のための放水によって損害を出してしまったりした部分を修理するには、かなりの費用がかかります。そんな万一に備えて、借家人賠償責任保険がついた火災保険への加入賃貸契約時の条件にしています。

 


 

借家人賠償とは

借家人賠償責任保険とは、借りている部屋で火災や破裂・爆裂、水ぬれなどが起こり、家主さんに対して損害賠償責任を負った時にその費用を補償する保険です。あくまでも偶然な事故によって借りている部屋に損害を与えてしまったときの補償なので、故意に改造した場合などの原状回復費用などは補償されません

 


 

個人賠償責任保険とは

個人賠償責任保険とは日常生活のトラブル(身近な事故)を補償してくれるものです。破損物の修理費や物を壊してしまったときに発生する損害賠償などが対象となります。この補償内容は多岐にわたり具体的な事例として、洗濯機の排水ホースが外れて床が水浸しになってしまい、さらに階下の部屋にも水漏れが起こったとします。このとき、階下の方への損害賠償については個人賠償責任保険、自分が借りている部屋の家主さんへの損害賠償は借家人賠償責任保険で対応することとなります。

 


 

賃貸住宅での思いもよらない事故に備えて、借家人賠償責任保険や個人賠償責任保険、修理費用補償を含めた保険に加入していると安心です。しっかりと補償内容をチェックしておくことが重要です。

 

アップスタイルでは不動産の購入・売却・賃借等大切な不動産の
お取引をお手伝いさせて頂きます。

お一人お一人にあった取引の形をご提案 
まずはお気軽にご相談下さい