賃貸管理なら秋葉原のアップスタイルへ

東京都千代田区外神田5丁目4番9号 ハニー外神田第二ビル5階

貸主のオーナーチェンジに関わるトラブル!?

公開日:

更新日:2019/03/07

カテゴリー: プロパティマネジメント事業部 ブログ


貸し主のオーナーチェンジに係るトラブル!?  

 

 


オーナーチェンジがあった場合、契約で特約の取り決めがない限りは貸主と借主との賃貸借契約が新所有者(新貸主)に移転します。

 

オーナーチェンジがあったということは、その賃貸物件の所有者が変更になったということです。
特約がない限り、賃借人の同意なく賃貸借の契約関係が新所有者に移転し、賃借人の賃料債務を保証する保証契約関係も特約がない限り、保証人の同意なく新所有者に移転します。

そのため、連帯保証人の「オーナーが変わったのだから、もう連帯保証人をやめる」という主張は、その旨の特約がない限り主張できるものではありません。

ただし、連帯保証人からの「連帯保証人をやめたい」という申し出に対して、新しい貸主がそれに応じた場合、その連帯保証人との保証契約は合意解約となります。
そのために貸主が新たな連帯保証人を要求した場合、借主は別の方に連帯保証人になってもらう必要があります。

また、今回のケースとは別ですが、賃貸借契約更新時に連帯保証人をやめたい旨の申し出があった場合には、やはり借主は別の方に連帯保証人になってもらう必要が生じます。

 

 

アップスタイルでは不動産の購入・売却・賃借等大切な不動産の
お取引をお手伝いさせて頂きます。

お一人お一人にあった取引の形をご提案 
まずはお気軽にご相談下さい


 

 

✅緊急告知✅
株式会社アップスタイルでは一緒に働いてくれる仲間を募集中です。
詳細は下記まで check✅